家族のための「うつ病改善ガイド」

MENU

【家族の注意点】うつ病のサインになるべく早く気づいてあげる

 

うつ病は大変というのを聞いていたけど、まさか自分の身内や身近な人がなるなんて、と思う方はたくさんいます。しかし実は日本では13人いたら1人は、うつ病になる経験があるという統計があるくらい、意外と身近な病気ともいえます。

 

つまり、カゼと同じで誰がかかってもおかしくない、という見方もできるんです。なんだかノドが痛い、鼻が詰まっている、カゼかもしれないから、休んで薬を飲んでおこう、という感じで、いつもと違うかも?という感覚が大切になります。

 

周囲がうつ病のサインに気づいてあげることが必要

 

つまり、周囲がうつ病のサインを見逃さないことが必要になります。そしたら、周囲ではなく本人が最初に気づけばいいのでは、と思うかもしれませんね。でも、うつ病になると行動力や思考能力が落ちてしまい、自分の気持ちを自分で表現できないことが多いのです。

 

また、うつ病になりやすい性格としては、責任感の強い方も多いため、自分は頑張れる、大丈夫と思い込んで、どんどん悪循環に陥ってしまうのです。

 

身体的な不調の背後にうつ病が潜んでいることも

 

うつ病と聞くと、気分が落ち込んで、行動力が落ちると思っているかもしれません。ところが、「お腹がいたい」「眠れない」などもうつの症状の可能性が十分にあります。つまり、気分の落ち込みではなく、体の痛みや別の症状として現れることもあり、仮面うつ病と呼ばれています。

 

言葉で表現が難しい、子どもや未成年の学生さんの場合、落ち込む代わりに痛みや症状で出ることもあるため、注意が必要です。例えば子どもが「学校行きたくない」と急に言い出したり、学校に行く前になると必ず「お腹が痛い」などといったら要注意です。

 

もし、おかしいなと思ったら、まずは十分に睡眠や栄養を取らせることが大切です。そして、必要に応じて病院に連れて行って、診察をしてもらいましょう。



「医師」によるうつ病改善プログラム
本田式うつ病改善法 荒木式うつ病改善法

ひとりひとりの症状に合わせて取り組める、現実的で具体的なうつ病改善プログラムです。

食生活を見直してうつ病を回復させるノウハウ。患者本人よりも、ご家族におすすめです。



「心理カウンセラー等」によるうつ病改善プログラム
下園式うつ病改善法 金本式うつ病改善法

心理カウンセリングの技法「認知療法」に、自分で取り組める「プチ認知療法」のプログラムです。

現役整体師によるうつ病改善プログラム。お薬やカウンセリングで効果がなかった方におすすめです。

患者本人だけでなく、ご家族の方にも参考になるプログラムがいろいろあります。