家族のための「うつ病改善ガイド」

MENU

【家族の注意点】社会復帰をあせってはダメ

 

うつ病の方だけでなく、病気で苦しんでいる方は、心身ともに健康を手に入れたい、と願っています。あなたもカゼを引いたとしたら、早くカゼが治って元の状態になりたいのと同じです。

 

そして、うつ病に回復の兆しが見えてくると、周囲が社会復帰を期待するようになります。特に仕事を休まれている方は、本人も含めて期待しているはずです。やはり収入がないと生活することもできませんからね。

 

社会復帰への周囲の期待が本人を苦しめる

 

ところが、その期待が本人を苦しめることにもなります。なぜかといったら、うつ病になった方は責任感の強い方が非常に多いからです。結果として、周囲からの回復の期待に、本人は一生懸命に応えようとするんです。そうすると、うつ病をまだ引きずっていて体調も思わしくない状態で無理をした結果、再度ぶり返すことがよくあるからです。

 

また、本人が「そろそろ仕事に戻ろうかな」と言い出したとしても、そこはぐっと我慢して、「気持ちはわかるけどもう少し休んだら?」と言うことが大切です。なぜなら、社会復帰のタイミングは家族だけで判断してはダメだからです。そこは、たくさんの方を見てきた、経験豊富な心理カウンセラーやソーシャルワーカーにも相談するようにしましょう。

 

関係者と相談しながら無理のない復帰計画を立てる

 

また、回復して社会復帰にもそろそろゴーサインが出せるようになってきたら焦らずに、会社の上司や人事担当者とも相談して、無理のない復帰計画を立てることが大切です。

 

また、前の会社に復職するだけではなく、別の道に進む方法もあることも伝えましょう。つまり、自分に合わない職場で結果としてうつ病になったら、また再発することも考えられるからです。

 

うつ病の方は責任感の強い方も多く、貢献しないといけないなど恩義や罪悪感を持ちやすいからです。そのため「前の職場」ではなく、うつ病をキッカケに「本来の自分」に戻ることが大切になるんです。



「医師」によるうつ病改善プログラム
本田式うつ病改善法 荒木式うつ病改善法

ひとりひとりの症状に合わせて取り組める、現実的で具体的なうつ病改善プログラムです。

食生活を見直してうつ病を回復させるノウハウ。患者本人よりも、ご家族におすすめです。



「心理カウンセラー等」によるうつ病改善プログラム
下園式うつ病改善法 金本式うつ病改善法

心理カウンセリングの技法「認知療法」に、自分で取り組める「プチ認知療法」のプログラムです。

現役整体師によるうつ病改善プログラム。お薬やカウンセリングで効果がなかった方におすすめです。

患者本人だけでなく、ご家族の方にも参考になるプログラムがいろいろあります。