家族のための「うつ病改善ガイド」

MENU

【家族の注意点】服薬管理を家族がしてあげる

 

うつ病の治療で大切なことは、とにかくゆっくりと家で休ませることです。例えば仕事や人間関係などに関して、うつ病になった場合は、どうしても他人や外のことを気にしてしまいがちです。だからこそ、一時的に外のことは忘れてもらうためにも、休むことが大切なんです。

 

なぜ抗うつ薬を必要になのかを教えてあげる

 

そして、休むこととあわせて大切なことは、抗うつ薬を飲むことです。そのときに大切なことは、なぜ抗うつ薬を必要になのかを教えてあげることです。

 

うつ病の方は責任感も強い方が多く、病気であることを受け入れていない方もいるからなんです。そこで、うつ病を完治させて早く復帰するためにも、抗うつ薬が最善の方法であることを伝える必要があります。

ちゃんと飲んだかどうかをチェックしてあげる

 

他に抗うつ薬を飲ませることで注意することは、うつ病の患者さん自身にすべてを任せないことです。それはなぜかといったら、うつ病になりますと行動力の低下だけではなく、思考能力も低下するからです。つまり、うつ病の本人は薬を飲んだかどうかわからないケースが多いからです。だからこそ、薬の管理は家族が行い、ちゃんと飲んだかどうかをチェックしてあげる必要があるからです。

 

副作用がつらい場合に本人に代わって医師と相談する

 

そして、薬を飲み続ける以上、副作用も出てしまいます。そこで、副作用がつらいなどと言って服薬をやめようとするケースもあります。でも、やめてしまうと、うつ病を悪化させる、または余計に長引かせる原因にもなります。特に薬を飲み始めた2週間前後は、効果よりも副作用が出る場合もありますが、そのまま飲んで様子を見ると落ち着くことがほとんどです。

 

もし、副作用の影響でどうしても本人が辛いような場合には、抗うつ薬が合わないことも考えられます。まずは先生に相談して、抗うつ薬を別のものに変えてみるなどの検討をすることをおすすめします。



「医師」によるうつ病改善プログラム
本田式うつ病改善法 荒木式うつ病改善法

ひとりひとりの症状に合わせて取り組める、現実的で具体的なうつ病改善プログラムです。

食生活を見直してうつ病を回復させるノウハウ。患者本人よりも、ご家族におすすめです。



「心理カウンセラー等」によるうつ病改善プログラム
下園式うつ病改善法 金本式うつ病改善法

心理カウンセリングの技法「認知療法」に、自分で取り組める「プチ認知療法」のプログラムです。

現役整体師によるうつ病改善プログラム。お薬やカウンセリングで効果がなかった方におすすめです。

患者本人だけでなく、ご家族の方にも参考になるプログラムがいろいろあります。