家族のための「うつ病改善ガイド」

MENU

【社会福祉分野での支援】家族や近親者に求められる心構え

 

うつ病になってしまったら、辛い思いをするのは誰になるでしょうか? もちろん、うつ病になった本人が辛いのは確かなことですよね。誰もうつ病になりたくてなったわけではないですからね。

 

うつ病について家族も理解を深める必要がある!

 

でも、辛い思いをするのは、うつ病になった本人以外にも、家族や身近な人もいっしょなんです。うつ病は今ではよく聞く話題ですが、知識としてはあっても経験がない方がほとんどです。

 

病気であったとしても、カゼならば誰もが経験したことですから、どんな対処方法をすればいいか、本人や周りの人もわかっています。そして、どのくらいで完治するかも、何となく感覚でわかっています。

 

しかし、うつ病の場合には、どのくらいで完治するかもわからない、しかも経験がないので対処方法も本人、そして家族や身近な人もわからないのが実情です。つまり、分からないからこそ、うつ病に対する間違った考えや偏見などを持ってしまうのです。

 

家族や身近な人たちもソーシャルワーカー的な立場にいる!

 

経済的な負担も本人だけでなく、家族や身近な人にも降りかかってしまいます。そのため、家族や身近な人たちも、社会福祉分野の支援が可能な立場にいるわけです。そしてうつ病になった本人にとっての「重要な他者」となる必要があるわけです。

 

正しい理解をすること、そして家族ではサポートできない部分は医療ソーシャルワーカーの助けを借りることにより、うつ病になった方が早く完治し、社会復帰することもできるからです。

 

また、うつ病になった方も、自分の病気を受け入れられない方も実際にいます。でも、そうなると完治も遅くなり、家族や身近な人たちとの関係も崩れてしまいます。そのため、うつ病になったことを認め、そして受け入れることにより、治療やサポートに専念することができるのです。

 

本人や家族や身近な人だけでなく全体で、偏見をせずそのまま受け入れて必要なときに支援することが大切になります。



「医師」によるうつ病改善プログラム
本田式うつ病改善法 荒木式うつ病改善法

ひとりひとりの症状に合わせて取り組める、現実的で具体的なうつ病改善プログラムです。

食生活を見直してうつ病を回復させるノウハウ。患者本人よりも、ご家族におすすめです。



「心理カウンセラー等」によるうつ病改善プログラム
下園式うつ病改善法 金本式うつ病改善法

心理カウンセリングの技法「認知療法」に、自分で取り組める「プチ認知療法」のプログラムです。

現役整体師によるうつ病改善プログラム。お薬やカウンセリングで効果がなかった方におすすめです。

患者本人だけでなく、ご家族の方にも参考になるプログラムがいろいろあります。

 



【社会福祉分野での支援2】家族や身近な人たちに求められる心構え関連ページ

ソーシャルワーカーとは?