家族のための「うつ病改善ガイド」

MENU

【社会福祉分野での支援】医療ソーシャルワーカーの役割

 

うつ病になった方が望むものといったら、やはり社会復帰です。でも、気持ちでは早く治したいけど、体がついて来ないため、しかも時間がかかるのが本人にとって辛いところです。

 

そして病気が辛いだけでなく、経済的に辛い立場の方もいて、この不安がうつ病の完治を遅らせることにもなるんです。そこで、精神保健福祉士や作業療法士といった、医療ソーシャルワーカーが強い味方になってくれます。

 

医療ソーシャルワーカーの役割

 

主に、うつ病の原因や結果となる「経済不安」や「労働環境」をケアする役割をしています。経済不安は主に、療養中にかかる生活費や治療費などになります。そこで受診や治療にかかる自己負担の費用を軽減する方法をアドバイスしてもらえます。

 

他にも税金面などにおいての軽減など、経済的な問題に対する公的機関などへの解決や調整援助を行います。他には症状が重く入院していたけど、体調が改善し退院するときの援助も行います。退院したらそれで終わり、とは行かず生活面において、あわせて社会復帰に向けての不安がつきまといます。

 

退院援助は、スムーズに退院する手助けだけでなく、その先の社会復帰にも向けた経済面の支援や、地域活動をしている団体へのサポート依頼などを行います。

 

医療ソーシャルワーカーの支援を受けるためには

 

では、そのような医療ソーシャルワーカーの支援を受けたい、と思ったらどうすればいいのでしょうか? 大きな病院になりますと、精神保健福祉士や作業療法士の資格を持った方がいますので、先生に相談してみましょう。

 

また、地域によりますがソーシャルワーカー協会もありますので、そこに相談するのもひとつの方法です。医療ソーシャルワーカーはこのように、療養中の心理的・社会的問題の解決、調整、援助などを行うことを目的としています。



「医師」によるうつ病改善プログラム
本田式うつ病改善法 荒木式うつ病改善法

ひとりひとりの症状に合わせて取り組める、現実的で具体的なうつ病改善プログラムです。

食生活を見直してうつ病を回復させるノウハウ。患者本人よりも、ご家族におすすめです。



「心理カウンセラー等」によるうつ病改善プログラム
下園式うつ病改善法 金本式うつ病改善法

心理カウンセリングの技法「認知療法」に、自分で取り組める「プチ認知療法」のプログラムです。

現役整体師によるうつ病改善プログラム。お薬やカウンセリングで効果がなかった方におすすめです。

患者本人だけでなく、ご家族の方にも参考になるプログラムがいろいろあります。

 



【社会福祉分野での支援1】医療ソーシャルワーカーの役割関連ページ

家族に必要な心構え