家族のための「うつ病改善ガイド」

MENU

【精神科医によるうつ病治療】薬物療法の流れ

 

そもそも、うつ病になったというのは、どうすれば把握できるのでしょうか? それは、うつ病になる前の健康的な状態があり、それを知っているからこそ、比較できるわけですよね。つまり、健康的な状態とうつ病の状態を比較しながら、今健康に向かっているかどうかを把握できるわけです。

 

そして、健康的な状態に少しでも早く戻すには、現時点では薬物療法が効果的な方法です。そこで薬物療法で服薬してから服薬終了するまで、時間経過とともにどんな流れで効果が現れて、症状が収まるのかを順を追って説明します。

 

薬物療法の第1ステップ

 

まず、うつ病の発症が認められたら、服薬の量を少量から開始し、6〜12週間かけて徐々に量を増やします。

 

ただ、抗うつ薬に即効性はなく、飲み始めて2週間程度は効果が感じられない場合がほとんどです。その代わり副作用が現れることも多く、患者さんも不安に感じます。でも、じわりじわり効果が出ることを理解してもらうことが大切です。

 

薬物療法の第2ステップ

 

そして4〜9ヶ月程度、さらに服薬を継続し、効果のあった量や抗うつ薬を飲み続けます。実は抗うつ薬のタイプは、「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」やその他に「SNRI」や「NaSSA」などいろいろあります。どのタイプが患者さんに相性がよく効果的なのか、逆に効果がなく副作用が強く出るのか、医師が慎重に判断して切り替えながら処方します。

 

また、抗うつ薬の補助として、睡眠薬、抗不安薬、気分安定薬、抗精神病薬なども用いられます。他に漢方薬やリラックス効果を高めるアロマテラピーを併用することもあります。

 

薬物療法の第3ステップ

 

そして、症状が安定してきたら、3〜6ヶ月程度かけて薬を減らし、それで悪化することがないかを慎重に見極めます。そして、問題がなければ、うつ病は治癒した可能性が高くなります。ただし、うつ病の再発予防のため、半年〜1年程度かけて、少量を飲み続け、それで問題がなければ服薬終了して完治となります。



「医師」によるうつ病改善プログラム
本田式うつ病改善法 荒木式うつ病改善法

ひとりひとりの症状に合わせて取り組める、現実的で具体的なうつ病改善プログラムです。

食生活を見直してうつ病を回復させるノウハウ。患者本人よりも、ご家族におすすめです。



「心理カウンセラー等」によるうつ病改善プログラム
下園式うつ病改善法 金本式うつ病改善法

心理カウンセリングの技法「認知療法」に、自分で取り組める「プチ認知療法」のプログラムです。

現役整体師によるうつ病改善プログラム。お薬やカウンセリングで効果がなかった方におすすめです。

患者本人だけでなく、ご家族の方にも参考になるプログラムがいろいろあります。

 



【精神科医によるうつ病治療3】薬物療法の流れ関連ページ

精神科医の役割
薬物療法の基礎知識
抗うつ薬の副作用
薬が効かないケース